ミトコンドリアサプリは比較して自分に合ったアイテムを選ぼう!

区分により購入場所は違う

栄養ドリンク

区分と購入場所

疲労回復や滋養強壮に効果的として昔から販売されている栄養ドリンクですが、手軽に摂れるとして会社員や学生などから高い支持を得ています。今や多くの種類が販売されており、どの栄養ドリンクが良いのかは迷う方も多いです。種類は多いのですが、大きく分けて3つに分類する事が出来ます。お薬などでよく耳にする第2種及び第3種、そして医薬部外品の3つに分けられますが、これらは薬事法で定められた区分です。その区分によって販売方法も異なるので、目的の栄養ドリンクが販売されていなくて手に入れられない場合は、対象店舗に行くと良いでしょう。栄養ドリンクは手軽に購入できるイメージがありますが、コンビニで販売できない種類があります。それが第2種医薬品に分類されるドリンクであり、医薬品になります。効果が認められていますが副作用の可能性もあるので、薬剤師もしくは登録販売者を通してしか購入する事が出来ません。ドラッグストアなど有資格者が在籍している場所に行く事で手に入れる事ができます。最もよく購入されている栄養ドリンクは医薬部外品です。購入はコンビニなど、どこでも手軽に手に入れる事ができます。副作用のリスクが最も低く安全性が高いのですが、医薬品と比較すると効果も低くなります。しかし医薬品だから全て良いという事はなく、医薬品に分類されないローヤルゼリーなどの貴重な成分も使用されているものもあります。ちなみに栄養ドリンクと肩を並べるほどに市場が拡大しているエナジードリンクは清涼飲料水扱いであり、法律で商品に効果を記載できません。効果も上記3種類よりも低くなります。以上の様な分類がありますので、希望するドリンクがある場合はそれぞれの販売箇所に行く必要があります。