ミトコンドリアサプリは比較して自分に合ったアイテムを選ぼう!

成分により区分がある

男性

副作用や相互作用で違う

栄養ドリンクは薬機法により医薬品扱いと医薬部外品に分けられます。医薬品は基本的に医師の処方が必要になりますが、それは第1種医薬品です。栄養ドリンクには薬剤師または登録販売者を通す事で購入できる第2種及び第3種医薬品の2種類があります。医薬品とは毒性や代謝などを調べた結果、国に承認されたものです。第2種医薬品は効果が見込まれる事が国から認められており、生薬やカフェインなどが一定以上含まれているドリンクです。その為、副作用の注意は必要であり正しく使用する事が必要なので専門職の説明義務が購入の際に必要です。第3種医薬品に分類されるものも同様ですが、2種との違いは相互作用や副作用といったリスクの高さです。第2種よりもリスクは少ないのが第3種ですが、医薬品には変わりないので正しく使用できる様に専門職の説明が義務付けられています。専門職は薬剤師や登録販売者であり、購入の際にはこれらの有資格者を通す必要があるのでコンビニでは販売されていません。医薬品に区分される栄養ドリンクを購入したい場合はドラッグストアなどでないとできません。栄養ドリンクには医薬品以外に医薬部外品もあります。こちらは医薬品以下ですが効果が期待できるドリンクであり、専門職の説明は必要なくコンビニでも購入する事ができます。人体に対する作用が緩和であり安全性が高いと判断された栄養ドリンクであり、医薬品と比較すると期待値は低いです。しかし滋養強壮に良いとされる食品なども含まれている種類もあり、価格も医薬品より高い場合もあります。